『きっと全て大丈夫』 

(2012年、62分)
※長編特別編集版、デジタル・リマスター

 

どこにでもいる中年のビルの日常が、ふとした瞬間から少しずつ歪んでいく。彼を蝕む病魔は、ビルに対し、彼の人生、家族との関係、未来の姿について考えさせる。本作はハーツフェルトが2006年より発表した短編三部作『きっと全て大丈夫』(2006年、17分)、『あなたは私の誇り』(2008年、22分)、『なんて素敵な日』(2012年、23分)を一本の長編として再編集しなおしたもので、このバージョンは、Time Out New Yorkの「史上最高のアニメーション」第16位にランクインするなど、アニメーション史に残る作品として、世界中にハーツフェルトの名前を轟かせることとなった。

 

 

 

 

 

『明日の世界』

(2015年、17分) 

 

少女エミリーはある日遠い未来からの交信を受ける。同じくエミリーと名乗るその女性は、彼女のクローンなのだという。未来のエミリーは、少女エミリーを、彼女の暮らす未来の世界へと連れていく。そこで待ち受けていたのは、「死」が消えて、永遠に生きることを余儀なくされた人々の、ボンヤリとして切ない人生の物語だった。アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート、サンダンス映画祭短編部門審査員大賞(自身二度目の受賞、同映画祭で二度審査員大賞を受賞したのはハーツフェルトが初。)、アヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞&観客賞ほか、41の賞を受賞。

神戸アートビレッジセンター・京都みなみ会館にて

2016年12月3日(土)より9日(金)まで1週間限定レイトショー

全国順次公開中!

配給:ニューディアー、タゲレオ出版 宣伝協力:高田理沙

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now